熱中症対策

こんにちは 、中嶋です。

 気象庁が、今年の暑さは災害レベルと認識していると会見されたように、非常に危険な暑さとなっております。 そこで、是非活動にご参加の皆様とともに、安全な活動及び事故が無いように以下ご確認頂ければと思います。



参考



 ◎規則正しい生活 

・睡眠時間、就寝時間、起床時間にムラが無いようにしてください。 

・食事もしっかり3食とり、栄養バランスを考えて摂取してください。

 ・水分の確保 日常よりしっかりと水分をとるようにしてください。 

・体調を管理し、すぐれない場合は無理せずトレーニングを休んで下さい。



 ◎トレーニング準備 

・飲み物(水、スポーツドリンク等)を多いぐらいの準備をしてご参加下さい。 時々途中で飲み物が無くなる選手も多々見かけられます。 

・氷等(必要に応じて、冷やせるような氷等もご準備下さい) 

・着替え(必ずトレーニングウェアは着替えて下さい。移動着とトレーニング着の準備)汗をかいたまま着替えず途中でその汗と熱で体調を崩す場合があります。

 ・トレーニング前、少しでも体調に不安があれば無理せずトレーニングを休んで下さい。



 ◎トレーニング

 ・開始前に健康観察をします。

 ・トレーニング前にしっかりと給水した状態でトレーニングを開始します。

 ・基本的に10分~15分の間に飲水タイムを設けます。

 ・約30分刻みで、5分間程度の休憩を設けます。 

・トレーニング中は、自由に飲水出来るようにしますので、選手は自分のリズムで飲水して下さい。 ・少しでも体調が悪い場合は、休憩。もしくは保護者に連絡をしお迎え等のお願いをする場合があります。ご対応よろしくお願い申し上げます。



 ◎トレーニング後 

・着替えの徹底をお願い致します。 (タオル類、着替え、施設によってはシャワーを浴びてご帰宅下さい) 

・水分の確保。また、摂取量の確認。 

・体調確認。健康観察。 

・リカバリー食、及びご帰宅後の食事 (出来るだけ早めにリカバリー出来るように、おにぎり+オレンジジュース(100%)等を取れる準備をしておいてください。また、ご帰宅後の食事の状態もご管理下さい) 



出来るだけ、安全に事故の無いように、出来る対策は全て準備して行います。 また、活動に支障が出る暑さ、また危険な場合は、トレーニング時間の短縮、トレーニングの途中中止、トレーニング自体の中止をする場合がございます。

 ご理解頂ますようお願い申し上げます。

 (原則として、災害警報等に準じ決定致します) 



 トレーニング、活動は勿論大事ですが、命、健康よりも大事なものはございません。 

この夏は、災害レベルと言われる夏になっております。

 準備、トレーニング、トレーニング後と、出来る限りに対策、対応をしていきたいと思いますので、皆様のご理解とご準備、ご対応、よろしくお願い申し上げます。 

TERCEIRO S COMMUNICATIONS